反日以外策なし

どうしようもない・・・

朝鮮日報

「親戚のような交流を」 習近平主席が本紙に寄稿

「親戚のような交流を」 習近平主席が本紙に寄稿
 中国の習近平国家主席は2日、韓国を公式訪問するのを前に朝鮮日報に「順風に帆を揚げよう」と題した特別寄稿を行った。

 習主席は寄稿の中で、韓中関係の発展に向けては▲相互信頼▲互恵協力▲平和・安定▲人文交流?という四つを保っていくべきだとした。

 習主席は論語に出てくる「無信不立(信無くば立たず)」という言葉を引用し「両国は互いに親戚の家を訪れるように高官や各分野の交流を強化すべきだ」と指摘した。その上で「中国は韓国と自由貿易協定(FTA)交渉の加速化、マクロ政策の協力強化などを通じ、利益のパイをさらに大きくしていこうと思う」と述べた。「両国は同じ船に乗って川を渡っている」との表現も使った。

 習主席は「両国は周辺地域の平和と安定がもたらす発展の機会を共に享受すべきだ。一度動乱が起きれば、域内国家のどこも無事ではいられない」とした。今回の韓中首脳会談で、北朝鮮の核問題などを協議することを示唆したとみられる。習主席は「中韓両国が責任感を持ち、地域の恒久的な平和と安定を実現するために建設的な役割を果たすべきだ」とも述べた。

 習主席は「中韓の貿易額は韓米、韓日の貿易額の合計よりも多い」と指摘し、韓中国交樹立22年の成果を評価した。習主席は今回の訪韓で「中韓親善の船が帆を高く揚げ、波を乗り越え、力強く前進できることを望む」と述べた。


[ソウル 2日 ロイター] - 韓国政府は2日、ウォンと人民元の直接取引に関して中国と今週合意することを発表した。両国は直接取引の年内開始を目指し、数カ月にわたり協議を重ねていた。

中国の習近平国家主席は3日から2日間の予定で韓国を訪問することになっており、この際に朴槿恵大統領と合意書に署名する予定だ。

取引市場の開設時期に関する詳細は明らかにされていない。


急騰するウォン…1ドル=1010ウォン割り込む
2014年07月03日08時59分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
ウォン相場が1ドル=1010ウォン水準を超えた。外国為替当局の阻止線を超え3けた台の相場進入を目前にしているのだ。2日のソウル外国為替市場のウォン相場は前日より2.5ウォンのウォン高ドル安となる1ドル=1009.2ウォンで取り引きを終えた。1010ウォンを割り込んだのは金融危機直前の2008年7月29日に記録した1008.8ウォン以来約6年ぶり。

ウォン高をあおっているのはドル安だ。米連邦準備制度理事会(FRB)が低金利基調を相当期間継続するという見方が強まっている。ここに中国の景気指標がやや回復し世界に放出された資金が韓国をはじめとする新興国株式と債券に流れている。


韓国がどうなろうと関係ないんですけど・・・・
今の日韓関係が続いて欲しい
条約も何も守れない、おかわりを何回も厚顔無知に強請る国は
似たもの同士で仲良くね029.gif
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by red20011 | 2014-07-03 11:51 | 韓国 | Comments(0)