現実を直視すべき

美の大使襲撃が今後韓國人の反日に与える影響
<過度の反日=反美(親北)=對美テロの可能性」という予期せぬ公式が美國捜査当局によって内部的に定義される可能性を排除できないようにされている状況になった。


美國內ジョンデウィ(挺身隊問題対策委員会)など韓人団体が、
日本安倍首相の美議会演説を阻止する目的で美國
主要議員などを相手に請願運動と事務室前のデモ、メール
送信、インターネット署名、新聞広告掲載などの活動を本格的に
展開する予定だという。ところが、このような美國內反日
の活動が今後には美当局によってかなり「注視」する
可能性がある。 今回の美の大使襲撃事件をきっかけに美國は、一見妥当で 見える名分(過去のなど)を掲げ、韓國人が 展開する様々な反日パフォーマンスについて本格的にその 純度などを疑うようになることがあるという話だ。美國 当局は、今回の襲撃事件の捜査の過程で、被疑者(ギムギジョン)が <私たちの庭独島を守る」という団体の代表となっている 点と、2010年に日本大使を攻撃した前科があるという点 などを勘案して、韓國人の<過度の反日>と<反美 (親北)>との間の相互関連性の側面をより多く見て 見て関心を傾けるようになる可能性が大きい。特に、今回の 事件が美國の主要人物を狙ったテロ性格であるため、 再発防止の観点から、テロリストの傾向ないしタイプを 把握することは非常に重要でも基礎的なことに、そのため である。 これに、<過剰な反日=反美(親北) =對美テロの可能性>が という予期せぬ公式が美國捜査当局によって内部 的に定義される可能性を排除できないようにされている状況になっ た。テロ防止の属性上、すべてのありそうもないにも塩 二を置かなければなら関係で、これらの公式の発生可能性 を排除することができなくなるのである。 これは、今後、美國內各種韓人系反日団体(ジョンデウィなど)の 性向やトレンドの美当局の関心が格別になる可能性が 大きい背景となる。もし、美当局の分析などを介して、これらの 美國內反日団体の傾向が明 ​​確に反美(親北朝鮮)的性向も 併せて帯びたことが確認されると、彼らの活動は、今後美國 当局によって様々な形で牽制を受ける可能性があると 見ることができる。慰安婦像設置などよどみがなかった既存の 美國內反日の活動が新たな局面を迎える可能性もある 話になる。 さらに、場合によっては韓美日共助を念頭に置いた美國に によって、美國內だけでなく、韓國內挺対協など反日主 も団体に向けた懸念表明も何らかの形で持っている のがされる可能性も有することができる。以前なら韓國に向け て簡単に取り出す場合タブー(過度の反日の懸念)だったが、 「被害者」(セリフ襲撃)の立場になった美國は、初めて韓國 に向かって<過剰な反日Stop!>のようなメッセージを心 の負担なしで投げることができ場所に来ている立場になっ たと見ることができる。 どんなに過去の葛藤のようなものがあると打っても、同じられた 霊の隣国国家元首のスピーチを妨害するとしてああ 主露骨に出る今のような韓國人の反日行 動は、いくら良く見てくれたくても望ましい姿が 決してない。国内外で、事実上の「耽溺」に近い正 の道暴走していた韓國人のこのような「過度な反日」行 状態、自らの自覚や成熟によってではなく、 多分今回の代謝襲撃事件であることをきっかけに、打 (美國当局)によって、一定部分ブレーキがかかるかも しれないが、現実は全く残念だ。非常に悲惨な思い 基地が、やはり私たち韓國人は自律ではなく、他律より よく知られても。


北も南も同じと思っております
体面が大事
救いようのない民族!
普通なら戦争レベル
これから韓国はアメリカの言うままになりますね022.gif
こんなにひどい写真初めて見ました
a0234246_17343776.jpg


お気の毒にです
お大事に

教育の恐ろしさがわかりますね013.gif
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by red20011 | 2015-03-06 17:37 | 韓国 | Comments(0)