redの部屋

red200.exblog.jp

自分なりにがんばろう  

ブログトップ | ログイン

ソ·ジソプ単独投資「夜を歩く吸血鬼の女の子」6月25日に公開

nateより~
Kstyle記事に変えました040.gif
俳優ソ・ジソブが単独投資した映画「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女」が韓国で6月25日に封切られることが決まった。

ソ・ジソブは主演作「映画は映画だ」に共同投資者として参加してから、昨年は輸入配給会社CHALLANと共に外国映画「あなたを抱きしめる日まで」「妻への家路」などに共同投資した。

「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女」は孤独な吸血鬼の少女と人間の青年の運命的な出会いを描いた作品。2014年に映画専門サイトIndiewireが選定した「今年の映画TOP 10」に入り、フランス・ドービル映画祭やゴッサム・インディペンデント映画賞の新人監督賞、ハワイ国際映画祭とシッチェス・カタロニア国際映画祭の特別言及賞を受賞しただけでなく、サンダンス映画祭、ロンドン映画祭、ローマ国際映画祭などで絶賛された。

「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女」はゴーストタウン、バッドシティで生きる孤独な吸血鬼の少女と人間の青年の間で花開く恋物語を感覚的に描き出した作品だ。アナ・リリー・アマポアー監督は、ジム・ジャームッシュの初期作を連想させるイメージと、デヴィッド・ボウイの感性が込められた音楽が盛り込まれた天才的な演出力を披露して好評を博した。彼は12歳で初めてホラー映画を作り、絵画、彫刻、映画など多様な分野で頭角を現している新星だ。現在はハリウッドに進出し、キアヌ・リーブスが主演を務める映画を撮影中だ。

これに先立ち「ザ・ヴァンパイア 残酷な牙を持つ少女」は、「月刊ユン・ジョンシン5月号」に選定され、話題を集めた。ユン・ジョンシンは「新鋭監督アナ・リリー・アマポアーが孤独が何なのかよく知っているアーティストだという点が、私の心をとらえ、音楽まで作ることになった」と明らかにした。


試写会にご登場かな?
時々出没ペースがちょうどいいのかも004.gif

Kstyleの記事になると俳優、韓国の元記事は韓流スター072.gif
そんなものか(爆)

追記

a0234246_17373372.jpg


日本は9月公開予定
アメリカって・・バンパイア大好き
ドラマで定期的に番組があるけど、私・・苦手で見てない
名前
URL
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by red20011 | 2015-06-02 11:59 | ソ・ジソブ | Comments(0)